FXの移動平均線は何を基準に算出されて何が判るのか?

 


FXトレーディングを行うときには移動平均線を使うことが多いでしょう。

 

移動平均線というと少し難しく聞こえるかもしれませんが、各期間の終値を平均したものです。

 

例えば日足チャートにおける25日移動平均線とは、過去25日間の終値をつないだものです。

 

移動平均線を表示することによってレートの大まかな変動がわかります。

 

トレーディングの売買判断は色々なものがありますが、移動平均線もその一つとして上げられます。

 

移動平均線を引くことによって大まかなレートの変動が分かります。

 

移動平均線が上昇していれば上昇トレンドであり、移動平均線が下降していれば下降トレンドと判断することもできるでしょう。

 

トレンドに沿った売買はリスクが小さいといわれています。

 

では移動平均線が何を意味するのかということですが、言葉のとおり平均レートだと考えれば良いと思います。

 

細かい違いはあるとしても、例えば5日移動平均線であれば5日間の平均レートだと考えるのが良いでしょう。

 

移動平均線よりもレートのほうが上にある場合には、過去5日間の平均レートよりも上にあるということです。

 

ですから大まかに見て上昇する力が強いといえます。

 

移動平均線は複数用いる場合が多いようです。

 

例えば5日移動平均線と25日移動平均線を表示させた場合、5日移動平均線のほうが上にあれば、直近の5日間は上昇する力が強いと言えるでしょう。

 

このようにして移動平均線だけで売買判断をすることもできます。